本文へスキップ

特許・実用新案・意匠・商標・著作物に関する権利等の代理業務なら飯塚国際特許事務所へ

英語 中国語

特許権の発生と終了


 特許権の存続期間は原則として20年ということをご存じの方は多いと思います。
 しかしながら、その期間の始期は少々ややこしいため、ご説明いたします。
 特許権の存続期間の始期は、「特許権の設定登録日」になります。
 これは、特許査定の後、特許料が納付され、特許原簿に設定登録された日です。
 一方、存続期間の終期は、原則的には「特許出願の日から20年」になります。
 以下に、わかりやすく図解します。

【具体例】
出願日:2000年9月1日
設定登録日:2007年6月4日
存続期間の終期:2020年9月1日
特許権行使可能期間:2007年6月4日〜2020年9月1日

注)なお、存続期間の終期は「特許出願の日から20年」ではありますが、毎年、特許庁に特許料を支払い、登録を維持する必要があることにご注意ください。

バナースペース

東京オフィス

〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3-6-7
ウンピン神田ビル8階

TEL 03-5577-5346
FAX 03-5577-5347

埼玉オフィス

〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5

TEL 048-854-1300
FAX 048-854-1321