本文へスキップ

特許・実用新案・意匠・商標・著作物に関する権利等の代理業務なら飯塚国際特許事務所へ

英語 中国語

音商標について

これまで商標登録できる対象としては文字、図形、記号等とされて目により認識できるものに限られ、「聴覚で認識される音」は保護の対象ではありませんでした。

しかし、聴覚で認識される音の商標が今回追加されて、音楽、音声、自然音等からなる商標が保護されることになりました。


例えば、CM などに使われるサウンドロゴやパソコンの起動音などであり、下記の楽譜により表される音などが対象です。

動きのある商標

特許庁「新しいタイプの商標の保護制度」パンフレットより

バナースペース

東京オフィス

〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3-6-7
ウンピン神田ビル8階

TEL 03-5577-5346
FAX 03-5577-5347

埼玉オフィス

〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5

TEL 048-854-1300
FAX 048-854-1321