本文へスキップ

特許・実用新案・意匠・商標・著作物に関する権利等の代理業務なら飯塚国際特許事務所へ

英語 中国語

TPP協定に基づく著作権法改正の概要(その1)

  •  TPP協定においては、著作権の分野も大きな話題となっています。その中の一つが、著作権の保護期間の延長です。
     この度、TPP加盟国によって異なる著作権の保護期間を「著作者の死後少なくとも70年」に統一することが規定されました。これに伴って、日本も保護期間を死後70年と改正する予定であり、現在の50年から20年間延長されることになります。
     保護期間に関する具体的な改正案は下記の通りです。

    著作権法改正案
    内閣官房「環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律案の概要」のPDF資料より

バナースペース

東京オフィス

〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3-6-7
ウンピン神田ビル8階

TEL 03-5577-5346
FAX 03-5577-5347

埼玉オフィス

〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5

TEL 048-854-1300
FAX 048-854-1321

newpage1.htmlへのリンク