本文へスキップ

特許・実用新案・意匠・商標・著作物に関する権利等の代理業務なら飯塚国際特許事務所へ

英語 中国語

ブランド保護と意匠権


 ブランドは一般に「商標」や「名の通った銘柄」と考えられ、主に商標権や不正競争防止法にて保護されています。
 しかし、立体的な形状のパッケージにブランドとしての機能を持たせることも出来ます。例えば従来のパッケージと大きく異なり特徴的な形状のものであれば、意匠権を取得でき、これを標識として用いれば、ブランドとしての機能が生じるようになります。

 例:コーラの新規なペットボトルの形状に意匠権を取得する事で、このペットボトルの形状を標識とする。

 そして、商標権の取得と合わせて意匠権を取得する事で、より強固なブランド保護が可能となります。この結果として、顧客からのブランドに対する信頼が高まる他、ブランドが模倣される危険性も小さくなります。

バナースペース

東京オフィス

〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3-6-7
ウンピン神田ビル8階

TEL 03-5577-5346
FAX 03-5577-5347

埼玉オフィス

〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5

TEL 048-854-1300
FAX 048-854-1321